東京都国分寺市 内科・消化器科・胃腸科・内視鏡科 人間ドック-各種健康診断-胃・大腸内視鏡検査

多摩メディカルクリニック
042-301-3001

ピロリ菌

ピロリ菌

ピロリ菌は胃の粘膜に生息しているらせんの形をした細菌です。
胃には強い酸があるため、昔から細菌はいないと考えられていましたが、1983年にオーストラリアのワレンとマーシャルという医師が胃からの分離培養に成功し、ピロリ菌が胃の中に生息していることを報告しました。
その後の研究から、ピロリ菌が胃潰瘍、十二指腸潰瘍、その他の胃の病気に深くかかわっていることが明らかにされてきました。

どうして胃の中で生きていけるのですか?

胃には胃酸があるため、通常の細菌は生息できませんが、ピロリ菌は「ウレアーゼ」という酵素を持っています。この酵素を利用すると、ピロリ菌の周囲をアルカリ性の環境にすることができるので、胃酸を中和することによって身を守っているのです。

どのようにしてピロリ菌に感染するのですか?

感染経路はまだはっきりわかっていませんが、口を介した感染(経口感染)が大部分であろうと考えられています。
また、ピロリ菌の感染率は衛生環境をかんけいしていると考えられており、上下水道が十分普及していなかった世代の人で高い感染率となっております。

感染を予防する方法はありますか?

ピロリ菌感染を予防する方法は、よくわかっていません。
日本で行われた調査によると若い人のピロリ菌感染は比較的少ないのですが、40歳以上では80%の人がピロリ菌に感染しています。
衛生環境の整った現代では、ピロリ菌の感染率は低下しており、あまり神経質になる必要はないでしょう。

ピロリ菌はどんな病気を起こすのですか?

ピロリ菌に感染すると炎症をおこすことが確認されていますが、ほとんどの人には自覚症状はありません。
ピロリ菌は胃潰瘍、十二指腸潰瘍、萎縮性胃炎、胃悪性リンパ腫の原因のひとつと考えられています。
最近では、胃癌の発生にも関与しているという報告もあります。

ピロリ菌を除菌すると潰瘍は再発しないのですか?

これまで胃潰瘍や十二指腸潰瘍は再発しやすく再発するたびに治療が必要なやっかいな病気と考えられていました。
胃潰瘍や十二指腸潰瘍の患者さんがピロリ菌に感染している場合、除菌療法を行うことによって、大部分の潰瘍の再発が抑制されることがわかってきました。ただし、絶対再発しないというわけではありません。

ピロリ菌に感染している人は、みんな除菌したほうがいいのですか?

日本人のピロリ菌感染者の数は約6000万人といわれていますが、ピロリ菌が原因で胃潰瘍や十二指腸潰瘍やその他の病気になっている人はごくわずかです。
除菌療法の対象となる人は、胃潰瘍または十二指腸潰瘍の患者さんでピロリ菌に感染している人です。
当院では、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の患者さんはピロリ菌に感染しているかどうか検査し、ピロリ菌に感染していたら、潰瘍の治療が終わってから除菌療法をするようにしています。

潰瘍の原因はピロリ菌だけなのですか?

ピロリ菌以外にも、お酒やタバコ、鎮痛剤、ストレス、不眠、不規則な生活、刺激物、暴飲暴食、遺伝的なものなど、潰瘍の原因はさまざまです。
潰瘍はいくつかの原因がかさなった場合に発生することが多いようです。
ピロリ菌に感染していない場合でも潰瘍になるケースは珍しくありません。

ピロリ菌はどうすれば除菌できるのですか?

ピロリ菌の除菌療法とは2種類の抗生物質と1種類の胃薬の計3種類を1日2回、7日間飲み薬を服用する治療法です。
正しく服用すれば、ピロリ菌の除菌は約90%の確立で成功します。
正しく服用しなかったり、途中でやめたり、お酒や他のお薬と一緒に飲んだりすると除菌に失敗することが多いですし、薬に耐性を持ったピロリ菌がでることもあります。

除菌療法の副作用について

軟便、下痢、味覚障害、肝機能障害等の副作用を起こすことがありますが、軽いものであれば、お薬は継続して問題ないでしょう。
症状が強い場合はお薬を中止し、主治医に相談するようにして下さい。

ピロリ菌の検査について

当院ではおもに以下の方法でピロリ菌の検査をしております。

  • 内視鏡を使う迅速ウレアーゼ試験
    胃潰瘍、十二指腸潰瘍があった場合には、胃粘膜を生検し、試薬にいれます。
    その場でピロリ菌の有無が判断できるため、迅速かつ簡便な検査法です。
  • 血中または尿中ピロリ菌抗体測定法
    内視鏡を使わずにできるため、他院で胃潰瘍か十二指腸潰瘍の診断がついている場合、行うことが多い検査法です。
  • 尿素呼気試験
    内視鏡は必要ありません。検査用のお薬を飲み、吐き出された息を調べる検査法です。
    おもに除菌が成功したかどうか判定するときに使います。
    除菌が終了して4週間以上あけて行います。
カテキン、一部のヨーグルトってピロリ菌の除菌に効果はありますか?

ピロリ菌の除菌には確かに効果はあるようです。
しかし、それ単独でピロリ菌を完全に除菌するのは難しいと考えられます。
あくまでも、補助療法と考えたほうがいいでしょう。
やはり、医療機関で保険適応になっている除菌療法を行うのが確実でしょう。

二次除菌のお勧め

最近、クラリスロマイシンの耐性により除菌率が低下しており、問題となっております。
一次除菌が失敗する場合はこのクラリスロマイシンの耐性が原因です。
そこでトロニダゾールが二次除菌の適応になりました。
一次除菌が失敗した場合は二次除菌をお勧めします。当院にご相談ください。