東京都国分寺市 内科・消化器科・胃腸科・内視鏡科 人間ドック-各種健康診断-胃・大腸内視鏡検査

多摩メディカルクリニック
042-301-3001

炎症性腸疾患(IBD)

若年のお腹がピンチです。潰瘍性大腸炎&クローン病

潰瘍性大腸炎が現代病として、現在急増中!

「なんだかこの頃、お腹の調子が…」というあなた。
ただの下痢と高をくくらないほうがいいですよ。最近、増えている「潰瘍性大腸炎」の可能性もあるからです。潰瘍性大腸炎とは、大腸の粘膜がただれたり、潰瘍ができたりする病気。特に若年層を中心に急増しています。
潰瘍性大腸炎の原因は不明です。有力なのは「免疫異常説」。細菌などの外敵から細胞を守るはずの免疫機能が反乱を起こし、自ら腸を攻撃して粘膜に炎症が起こり、さらに白血球が異物を排除しようと、粘膜にはたらきかける。
こうして、炎症がますますひどくなります。
背景には、近頃多くなっている「肉食」傾向との指摘もあります。脂肪の摂り過ぎが腸の過敏な反応を助長しているようです。このほか、心身のストレスが一因になっているという説もあります。

発病しているのに気づかないケースも多い

この病気の怖いところは、発病を見過ごされがちな点。
おもな症状が、下痢や血便、腹痛など、ありふれた胃腸病と似ているため、診断が遅れることが多いのです。
見過ごされて重症化すると、発熱、貧血、急激な体重減少が起こるようになります。
腎結石、膵炎、皮膚や目の異常などの合併症を繰り返し、やがては大腸がんを発症することもあります。もっと重症の場合は、手術で大腸をすべて切除してしまうケースも少なくありません。

よく似た病気「クローン病」

同じく、厚労省の特定疾患に指定された病気に「クローン病」がある。この病気の症状も、潰瘍性大腸炎によく似ているが、潰瘍性大腸炎が大腸のみに起こるのに対し、クローン病は小腸にも発生する点で異なっています。
クローン病のおもな症状は、腹痛や発熱、体重の減少、貧血、皮膚や目の異常、痔など。経過が長くなると、腸壁が厚くなって狭窄を来たし、手術が必要な場合も少なくありません。
いずれにせよ、若者の腸に今、なんらかの異変が起きているようです。

潰瘍性大腸炎&クローン病

潰瘍性大腸炎&クローン病はいずれも発症予防が難しいとされる病気だが、普段の心がけ次第でリスクは減らせると思います。生活習慣や食習慣のうえで、気をつけてほしいのは以下の2点だ。

  • その1. 動物性たんぱく質や脂肪の摂り過ぎに注意!
    肉や乳製品などを食べ過ぎないようにしよう。アルコールや刺激物はほどほどに。ファーストフードやスナックばかり食べず、魚や野菜を中心とした食生活に切り替えましょう。
  • その2. 心身のストレスはためこまない
    規則正しいライフスタイルを心がけ、毎日継続できる運動をしましょう。無理な生活を続けると、心身のストレスから免疫機能も狂いがちになります。

早めに診断をし、適切な治療を受ければ、手術をしなくても改善する可能性は高いといえます。健康診断は定期的に受け、健康状態を把握し、早期発見を心がけましょう。